ルワンダ ンドゥス / 浅煎り (Medium Roast) 100g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

ルワンダ ンドゥス / 浅煎り (Medium Roast) 100g

¥695 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉に挽く【ペーパードリップ】

  • 粉に挽く【フレンチプレス】

  • 粉に挽く【ゴールドフィルター】

  • 粉に挽く【エスプレッソマシン】

  • 粉に挽く【ビアレッティ】

<ムゾウォッシングステーション> ルワンダでは北部州・西部州・南部州で品質の高いコーヒーが作られている。北部州ガケンケ郡はコンテストなどでも多くの入賞者を輩出しており、国内外で高品質コーヒーの産地。 ガケンケ郡の中央部には標高2000mを超える山脈が南北に連なっており、同郡を首都キガリに近いいわゆる「表側=東部」と、キガリから遠い「裏側=西部」とに隔てている。 今回ご紹介するムゾウォッシングステーションはルワンダ北部州ガケンケ郡の西部(裏ガケンケ)に位置している。 ゴリラの森や火山で知られるビルンガ国立公園のあるムサンゼ郡と近い地域。裏ガケンケは、ガケンケ中央部を縦断する山脈と、ビルンガ国立公園から南部のジャングルにつながる山脈の間に挟まれており、表ガケンケ(ガケンケ東部)に比べて降雨が多く最低気温も少し低い。北部州には火山があるものの、火山灰が降下したのが相当古くかつ急峻であるため火山灰土壌は分布していない。アルティソルという赤土が広く分布しており、土壌の表層は主に粘土質。こうした土壌環境と冷涼で湿潤な気候が、独特の風味特性を備えたコーヒーの産出を可能にしている。 クロップ:2020 入港:2021年1月 輸送:ドライコンテナ 精製:発酵槽を使用したウォッシュト 品種:ブルボン(ブルボン・マヤグエス、ジャクソンが主。ハラー、ミビリジが少し) 生産者:ジャンボスコ氏を中心とした46農家 所在:北部州ガケンケ郡ムグンガ市ンドゥスヒル周辺の地域。複数の地区や集落にまたがっている。ンドゥスヒル周辺農家の一部では農業研究所によって新品種の栽培実験が行われている。またムゾウォッシングステーション近いためタイムリーにチェリーをWSまで運ぶことができる。 標高:1,700~2,000m 収穫:農家ごとに完熟したチェリーを選択的に手収穫、さらに農家にてチェリーの手選別を施しWSへ 収穫期:4-6月 WS:ムゾウォッシングステーション 所在:北部州ガケンケ郡ムゾ市カバテジ地区ウルソローロ集落 ウェットミル標高:1600m ※規模感から次のように表記しています。Province=州、District=郡、Sector=市、Cell=地区、Village=集落。 CUPPING NOTE : ブラックベリー、アプリコット、チェリー、ブラウンシュガー、スムースマウスフィール 名称:レギュラーコーヒー 原材料名:コーヒー豆 賞味期限:焙煎日より1ヶ月 内容量:100g 保存方法:豆のまま保存いただく場合 2週間で飲みきれる量は直射日光、高温多湿を避けて常温で保存。 それ以上かけて消費されるぶんは冷凍保存して下さい。 粉で保存いただく場合 冷凍保存して下さい。 製造者名:SHERPACOFFEEROASTERS 中垣文寿 岐阜県岐阜市早田1901-6 カッピングマトリクスについての詳細はこちらから https://sherpacoffeeroasters.stores.jp/news/5bb6fa8050bbc3798f0000f2