コスタリカ オルティス2000/ 浅煎り (High Roast)
5c1178902a28627dc01845d5 5c1178902a28627dc01845d5

コスタリカ オルティス2000/ 浅煎り (High Roast)

¥810 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉に挽く【ペーパードリップ】

  • 粉に挽く【フレンチプレス】

  • 粉に挽く【ゴールドフィルター】

  • 粉に挽く【エスプレッソマシン】

  • 粉に挽く【ビアレッティ】

クロップ:17-18 入港:2018年10月 輸送:リーファーコンテナ 精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト 品種:カトゥアイ 農地:オルティス2000 所有:オマール・カルデロン Omar Calderon 所在:サン・ホセ州ドタ市サンタ・マリア SantaMaria de Dota※Provinceを州、Cantoneを市としている 標高:2,000-2,150m 規模:オルティス2000は2ha程度 栽培品種:カトゥアイ、ビジャロボス、SL28、ゲイシャウェット ミル:グラニートス・デ・アルトゥーラ・デ・オルティス マイクロミル 2012-2013クロップからスタートしたマイクロミル。 それ以前は兄のRicardo氏が代表を務めるLos Angeles(ロスアンヘレス)ミルにて精選を行っていた。 兄が一足先に夢を実現させた事もありOmar氏も2012年に決心しミル開設した。その後押しをしたのが次女のJohana(ジョアナ)さんで、「ウェットミルの作業を一手に引き受けるからやってみよう」の一言で決断に至った。ファーストクロップとなる12-13は、Los Angelesミルから指導を受けながらウェットミル行程を学び、13-14からは自分達だけで運営できるようになった。 ウェットミルは次女のJohana,三女のDiana,四女のJoiceが仕切っており、国内でも例を見ない若い女性だけで作業を行っている。 取得時は管理が行き届いていなかったため、すでにあった木の一部を抜いたり、新植したりと整備した。新植した木はまだ収量が少ない。 オルティス2000農園はその名の通り標高2,000m以上の高地にありグラニートスの所有農地の中で最も高地に位置する。ドタバレーは寒冷地で冷え込みが激しい土地だがこの農園は2,000mという標高が加わりさらに厳しい環境にあるため、コーヒーの実の締まりが極めて良く超硬豆に仕上がる。品種は主にカトゥアイを栽培している。カトゥアイを栽培している理由は、高地や寒冷地ではカトゥーラは自衛の為に葉ばかりを付け実を付けないがカトゥアイはしっかりと実を付けることから。ただ、標高2,100mのあたりからはやはり葉ばかりであまり実をつけていない。そのため、2,100mを超えたあたりからはゲイシャの栽培を始めている。 名称:レギュラーコーヒー 原材料名:コーヒー豆 賞味期限:焙煎日より1ヶ月 内容量:100g 保存方法:豆のまま保存いただく場合 2週間で飲みきれる量は直射日光、高温多湿を避けて常温で保存。 それ以上かけて消費されるぶんは冷凍保存して下さい。 粉で保存いただく場合 冷凍保存して下さい。 製造者名:SHERPACOFFEEROASTERS 中垣文寿 岐阜県岐阜市早田1901-6 カッピングマトリクスについての詳細はこちらから https://sherpacoffeeroasters.stores.jp/news/5bb6fa8050bbc3798f0000f2