ブラジル フォルキーリャ ド リオ / 中煎り (High Roast)
5bcd68455f78661b90001172 5bcd68455f78661b90001172

ブラジル フォルキーリャ ド リオ / 中煎り (High Roast)

¥1,330 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉に挽く【ペーパードリップ】

  • 粉に挽く【フレンチプレス

  • 粉に挽く【ゴールドフィルター

  • 粉に挽く【エスプレッソマシン】

  • 粉に挽く【ビアレッティ】

クロップ:17-18 入港:2018年8月 輸送:ドライコンテナ 精製:パルプトナチュラル 品種:カトゥアイ 農園名:フォルキーリャ・ド・リオ農園 Sítio Forquilha do Rio農園主:ジョジマール・ラモス・プロタージオ Jozimar Ramos Protázio 地域:ミナス・ジェライス州 エスペイラ・フェリス市 フォルキーリャ・ド・リオ集落 カパラオ地域 標高:1,200m~1,300m 面積:1.5ha(コーヒーノキ作付面積1.3ha) この集落がまだ原生林であった頃にジョジマールの曽祖父は移住し開墾してきた。当初畜産で生計を立ててきたが、祖父シッキーニョの代よりコーヒーの生産を始める。しかし、当時はまともな交通手段や街道もなく、細い道を徒歩か牛車で移動しなくてはならなかったため、コーヒーの運搬は割に合わない重労働だったと語る。そのためコーヒーを栽培しつつ、玉ネギなどを育て生計を立てていた。また、この地域でバイヤーが不足していた(いなかった)こともコーヒーも取引価格が上がらない要因でもあった。 ジョジマールの代になり、多くのバイヤーがカパラオ地域に注目し始めると取引価格も改善してくる。同時に地域の生産者達は、市場や等級に関して多くの情報を得られる様になった。 ジョジマールは得た収入で設備投資を行っている。5年前には乾燥場としてビニルハウスを建設。カパラオ地域は起伏も激しいため、時折激しい雨がふることもしばしば。ハウス内乾燥をすることで降雨による品質のダメージを避け品質向上に努めている。 ※カパラオ地域について ミナスジェライス州とエスピリット・サント州との州境にあるバンデイラ山南~南西の地域(そのため農園の所在によって州が異なる)。標高も高く起伏に富んだ地形であるため(そのため収穫は手摘みが主)、且つ小規模生産者も多く、高品質な商品が生産される可能性を期待している。 名称:レギュラーコーヒー 原材料名:コーヒー豆 賞味期限:焙煎日より1ヶ月 内容量:200g 保存方法:豆のまま保存いただく場合 2週間で飲みきれる量は直射日光、高温多湿を避けて常温で保存。 それ以上かけて消費されるぶんは冷凍保存して下さい。 粉で保存いただく場合 冷凍保存して下さい。 製造者名:SHERPACOFFEEROASTERS 中垣文寿 岐阜県岐阜市早田1901-6 カッピングマトリクスについての詳細はこちらから https://sherpacoffeeroasters.stores.jp/news/5bb6fa8050bbc3798f0000f2